羽生中央歯科医院
     
レーザー治療
安全性に優れた炭酸ガスレーザーとネオジウムヤグレーザーを併用し、症例により、使い分けています。 虫歯予防、虫歯治療、知覚過敏(歯がしみる)、外科処置後の出血防止まで幅広く活用しています。

1.虫歯予防
レーザーを使用することで、歯の質は強化され、それだけで虫歯になりにくくなりますが、当院ではレーザーとフッ素塗布を併用しています。これによりフッ素の吸収率が約2倍になります。また、歯の溝に予防的に詰め物をするシーラントという処置がありますが、その処置の際にレーザーを照射することで、シーラントの接着性が向上します。レーザーは、歯磨きで届かないような場所にも届くので、熱エネルギーの消毒作用により虫歯菌をやっつけます。
2.軽度の虫歯の治療
虫歯の程度によってはレーザー治療のみで虫歯の進行を止めたり、虫歯にやられてしまった部分を除去することもできます。
3.知覚過敏
知覚過敏は、象牙細管という歯の神経につながる部分に孔が開いてしまって神経が刺激されることによって起こります。このような場合、レーザーを照射し、孔をふさぎ、歯の神経を保護することによって、痛みや歯がしみる症状を防ぐことができます。
4.深い虫歯
深い虫歯でもあまり痛みがない場合があります。
そのような場合、レーザー照射により
(1) 治療後の知覚過敏発生が少なくなる。
(2) 無菌化されるので、予後が良好になる。
といった効果が得られます。
その結果、歯の神経を残せる確率も高くなっています。
※歯は神経を取ってしまう ともろくなり、変色することもあります。当院では、できる限り神経を残す方向で診療をすすめています。
5.歯を抜いた後
歯を抜いた後、その部位にレーザー照射すると、その部分が瞬間的に高温になり、毛細血管の凝固がおこります。その結果、出血を少なくし腫れを抑えることができます。
6.歯周病治療
ブラッシング指導、歯石除去などと並行して、歯周病治療にもレーザーを活用しています。レーザーを照射することにより、原因となる歯周病菌を殺菌し、出血痛みを抑え、治癒を早めます。
7.メラニン除去
メラニンという色素により、歯ぐきが黒くなることがあります。このような時、レーザーはこの黒ずみを極めて短時間で除去します。数日後には元のきれいなピンク色に戻ります。
 

このレーザーは、体内の水分や血液に吸収されにくく組織の 内部まで浸透する性質を持っています。ほとんどの症例において無麻酔下で治療が可能で、臨床応用範囲が広いという特徴を持っています。
その効果として、
・消炎効果
・鎮痛除痛効果
・消炎消毒効果
・麻酔効果
・止血効果
・組織蒸散作用
・組織の活性化作用
などがあるといわれています。

当院では、知覚過敏、歯周病による腫れ痛みの軽減等に使用し、比較的短時間で効果を上げています。その他、ウ蝕予防・ウ蝕除去・歯肉切除・歯肉炎・アフタ性口内炎・メラニン色素沈着の除去にも効果があります。
 

埼玉県羽生市中央の羽生中央歯科医院は、安心して治療を受けていただけるように、ゆっくり・丁寧に今の症状と治療計画をご説明します。保険診療を中心に行いますが、ご不安な点はなんでもご相談ください。

 
  ホームレーザー治療一般歯科(虫歯・歯周病・義歯)ドライマウス自宅でできるマウスケアスタッフ・院内案内・アクセス


 
 
  このページのトップへ  
Copyright (c) hanyutyuo-shika All Right Reserved.